食事や歯磨きをしやすい

数時間なら外しても良い

基本的にワイヤーは、ずっと付けたままです。
ですから食事をしにくい、歯を磨きにくいといったデメリットがあります。
しかしマウスピースなら、1日4時間程度なら外して生活を送ることができます。
特に歯磨きを怠ると虫歯になるので、マウスピースを外して念入りに磨いてください。

ただマウスピースの装着方法を間違えると、正しく矯正ができなくなってしまいます。
全く効果を発揮できなかったり、今以上に歯並びが曲がったりするかもしれません。
そうなったら困るので、正しい装着方法を歯医者で聞いてください。
また着脱する時に、余計な力を入れてはいけません。
するとマウスピースが壊れますし、壊れたマウスピースを使うと口内が傷つきます。

安全に歯科矯正ができる

マウスピースは、金属を使っていません。
ですからアレルギーがあって、ワイヤーが使えない人でも歯科矯正ができます。
さらにマウスピースを使った矯正は、適した力をそれぞれの歯に与えます。
ですからワイヤーのように、大きな痛みを感じにくいです。
身体に負担を与えず、矯正ができる面がメリットですね。

さらに歯並びに状態に合わせて、マウスピースを新しい形に交換します。
最初から最後まで同じマウスピースを使い続けるわけではないので、衛生的という面も嬉しいですね。
このようにメリットが多いので、マウスピース矯正を選択する人が増えています。
ちなみにマウスピース矯正の費用は80万円から100万円前後なので、事前に用意しておきましょう。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ