2種類のワイヤー矯正がある

表側矯正と裏側矯正がある

ワイヤーを歯の表に付ける方法と表側矯正、裏に付ける方法を裏側矯正と呼びます。
裏側矯正は口を開いてもワイヤーが見えず、見た目を気にする人におすすめされています。
しかし表側矯正に比べて料金が高く、矯正を成功させるためには技術を持った医師に任せなければいけません。
さらにマスクで口元が隠れるなら、裏側矯正のメリットをあまり受けることはできません。

表側矯正でもワイヤーを付けていることを周囲に気づかれないので、こちらを選んでも良いでしょう。
表側矯正は、どのような歯並びでも対応している面がメリットです。
マウスピースは使用できる症例が限られていますが、こちらはそのようなことがありません。
誰でも、歯科矯正ができます。

痛みが大きくなってしまう

この方法は歯にワイヤーを装着して、力を加えて歯並びを戻す仕組みです。
ですから、治療中に痛みを感じることが多いです。
多少の痛みは仕方がありませんが、あまりにも痛くて日常生活に支障が出る場合は、歯医者に相談してください。
またワイヤーは、金属でできています。
ですから金属アレルギーを持っている人は利用できませんし、ワイヤーが口内を傷つける可能性があります。

ワイヤーを付け始めた時は気になって、舌で触ってしまうかもしれません。
しかしそうするとワイヤーが外れて、非常に危険です。
気になっても、触ってはいけません。
またワイヤーが外れることを防ぐため、歯科矯正中は固い食べ物や粘り気のある食べ物を摂取できなくなります。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ